新着情報

NEWS&TOPICS
イベント

『雲龍の郷』のご案内

こんにちは、ホテルニューガイア柳川 です。
まだまだ暑い日は続いておりますが、皆様体調は崩されていませんでしょうか?

さて9月8日から大相撲の秋場所が、スタートしますね。
大相撲の横綱土俵入りの型は「雲龍型(うんりゅうがた)」「不知火型(しらぬいがた)」の2種類が存在して、 それぞれ雲龍久吉と不知火光右衛門が行っていた土俵入りの型を起源として伝えられたものとされています。
柳川市大和町鷹ノ尾地区、国道208号線のそばにある『雲龍の郷』は、同町出身で、“雲龍型”の土俵入りの元祖である第10代の大横綱・雲龍久吉を記念してつくられた施設です。


『雲龍の郷』のご案内


『雲龍の郷』のご案内


『雲龍の郷』のご案内
(画像提供:福岡県観光連盟)
敷地内の中央にはシンボルである直径30メートルの相撲ドームがあるほか、同氏や相撲に関する史料が充実した記念館や遊具施設、芝生を活かしたグラウンドゴルフコースなどが整備され、遊びどころ満載となっています!


【営業時間】
10:00~18:00(金曜日は10:00~20:00) 
【料金】
入館料:一般(高校生以上)100円、小・中学生 50円 
【定休日】
月曜日(祝日の場合は翌日も休館)・毎月最終木曜、12月28日~1月4日
【住所】
柳川市大和町鷹ノ尾151-2 
【駐車場】
あり(無料:30台) 
【お問合せ先】
0944-76-1122 


今回ご紹介した雲龍の郷は、ホテルニューガイア柳川 から車で15の場所にございます。
当ホテルにお越しの際にお立ち寄りしてみてはいかがですか?