新着情報

大分の味力を伝えたい!

2017.11.20

周辺情報

ここ、ホテルニューガイア大分駅前がある大分県は旧称で「豊後」といいます。
その名の通り豊かな自然や食が自慢で、四季折々違った魅力を楽しむ事ができます。
その魅力を全部お伝えしたいところですが・・・今回は!大分が誇るブランド魚「関あじ・関さば」をご紹介致します♪

大分の味力を伝えたい!


大分県の東に位置する「佐賀関(さがのせき)」は、漁業が盛んな漁師の町。
この地で一本釣りされるマアジ・マサバが「関あじ・関さば」と呼ばれるブランド魚となります。
 

大分の味力を伝えたい!


佐賀関の目の前に広がる豊後水道は、瀬戸内海と太平洋の水塊がぶつかり合い、
餌である良質なプランクトンが育つ事から好漁場として知られています。

その中でも一番潮流が速いとされる「速吸瀬戸(はやすいのせと)」で捕れた「関あじ・関さば」は
引き締まった身とコリコリとした歯触りが特徴で、特に「関さば」はちょうど今ぐらいの時期から脂のノリが良くなります。

もちろん大分が誇る「ブランド魚」と呼ぶくらいですから、
品質管理も並大抵のものではございません!
通常鮮魚を出荷する際は機材を用いたり、
魚を直に触ったりして重さや品質を測りますが「関あじ・関さば」は
「面買い(つらがい)」と呼ばれる方法で計測されます。
「面買い」とは、水面上から泳いでいる魚を見て重さや品質を測る事で、魚のストレスを軽減し鮮度を
落とさない様にする為の漁師さんの工夫だそうです♪

また「関あじ・関さば」は出荷直前に血抜きをし、
冷たい氷で直ぐ締められる為抜群の鮮度を誇ります!
これを「活締め」と呼ぶそうです♪

沢山の工程を乗り越え、漁師さんの熟練の技と目利きによって選定された「関あじ・関さば」はブランド魚の証である
「佐賀関の認定シール」が貼られ、全国に出荷されます。

 

大分の味力を伝えたい!


実は・・・「関あじ・関さば」は全て天然物で、養殖物は一匹も無いんですよ♪
こだわり抜いた“本物”の味を、是非一度ご賞味あれ♪

ホテル近辺にも「関あじ・関さば」を堪能出来るお店がございますので、詳しくはスタッフまで♪
皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております!


【ホテルニューガイア大分駅前】
 〒870-0035 大分県大分市中央町2-2-9
 TEL:097-537-1221
ホテルニューガイア大分駅前 公式サイトは、コチラ から




 

空室検索