新着情報

NEWS&TOPICS
周辺情報

黒田 官兵衛 縁の地  第二段:「光雲神社」

こんにちは!

昨年10月に黒田官兵衛 縁の地として崇福寺の黒田家墓所を紹介しました。
今回は第二段として西公園の 光雲神社 を紹介します!

黒田官兵衛と黒田長政を祀っている神社で光雲”と書いて「てるも」と呼びます。
1766年に6代目福岡藩主、黒田継高によって創建されました。
黒田官兵衛の戒名「龍光院殿」、黒田官兵衛の子供の黒田長政の戒名「興雲院殿」から一文字ずつとられています。
元々は福岡城にありましたが、明治の廃藩置県で移転し、昭和の福岡大空襲で全焼した後は、今の場所(西公園)に再建されました。

西公園へは、福岡市営地下鉄「大濠公園駅」から1番出口を出て直進、西公園入口の交差点を右手に曲がって直線。
歩くこと約15分、鳥居に到着します。


黒田 官兵衛 縁の地  第二段:「光雲神社」
このまま真っ直ぐ進むと 光雲神社 が見えて来ます。


黒田 官兵衛 縁の地  第二段:「光雲神社」
拝殿に入り天井を見上げると鶴の絵が見えます。


黒田 官兵衛 縁の地  第二段:「光雲神社」

福岡城が博多湾側から見ると鶴が羽ばたく姿に見えたことから舞鶴城とも呼ばれており、それが由来との事です。
お賽銭を入れると鶴の鳴き声が聞こえてくるとか…。
是非お試し下さい!

フロントにて場所のご案内を行っております。
興味のある方はフロントスタッフにお申し付け下さいませ。


【西公園までのアクセス】
ホテルニューガイア上呉服 から福岡市営地下鉄『呉服町』までは徒歩約3
福岡市営地下鉄『呉服町』~『大濠公園』まで地下鉄で約8
『大濠公園』駅からは徒歩15


光雲神社
住所:福岡県福岡市中央区西公園13-1
TEL:092-761-1807