新着情報

『博多祇園山笠』は6月から始まる!?

2019.06.28

周辺情報

こんにちは、ますます暑くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
今年も『博多祇園山笠』の開催が近づいて参りました!

『博多祇園山笠』は6月から始まる!?

博多の街では、6月初め頃から長法被姿の男性を見かけるようになります。
不思議に思い、調べてみると、
『博多祇園山笠』の準備のようでした…。
長法被といっても、柄で統一している “流(ながれ)” と町内毎にバラバラな “流” がございます。
当ホテルのすぐそばの “流” である「恵比須流」は町内毎にバラバラなので柄の違いを探すのも面白いかも知れません♪

さて、7月に本番を迎える『博多祇園山笠』ですが、
実は6月からお祭りは始まっているとのこと…。

そこで今回は、6月に行われている『博多祇園山笠』をご紹介致します。


注連下ろし(しめおろし)
流域と町内を清めるための行事で櫛田神社の神職の方が行います。
山小屋(舁き山や飾り山笠を期間中収める小屋)の四方の道路を祓い清めます。
通常は7月1日の早朝に行われますが、恵比須流のみ6月1日の早朝に行います。
これは恵比須流が伝統として旧暦で行っているためでございます。

棒洗い(ぼうあらい)
舁き棒(かきぼう、山笠を担ぐ時に肩に担ぐ棒)を博多埠頭にある櫛田神社浜宮
で神職の方に博多湾の海水で洗い清める神事でございます。
6月の上旬~中旬に行われますが、流によって棒洗いを行う日は異なります。

小屋入り(こやいり)
山笠台(飾りを乗せる土台)を組み立てるための部材や縄を並べ山笠台作りの
安全を祈願する神事でこちらも櫛田神社の神職の方が行います。

御願立て(おがんだて)
山笠の無事奉納と安全祈願のために参拝することで
恵比須流は筥崎宮、住吉神社、愛宕神社を参拝します。




華やかな益荒男祭りの裏に、厳かで受け継がれる伝統が色濃く残る『博多祇園山笠』
皆様も是非、伝統の益荒男祭り『博多祇園山笠』を感じてみてはいかがですか?




ちなみに…、
今年の恵比須流の山小屋は↓の図の赤丸付近となります。

『博多祇園山笠』は6月から始まる!?




ホテルニューガイア上呉服は、追い山のコースも目と鼻の先!
『博多祇園山笠』へお越しの際は是非、ホテルニューガイア上呉服をご利用ください。
お客様のご来館をスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。




 

空室検索